読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま話題!オクトスの口コミ 2017年度 アルパイン

VLシリーズより少々重いですが!2kgであれば立派な軽量山岳テントです。どちらも快適に過ごすことが出来ました。ポールを通してフライをかぶせるだけなので、組立は簡単です。

こ、これですっ!

2017年03月05日 ランキング上位商品↑

オクトス アルパイン【送料無料】oxtos(オクトス)アルパインテント2人用

詳しくはこちら b y 楽 天

寧ろ暖かく感じます◎密閉性が高いので秋冬のキャンプには向いていると思います。安さにつられて購入してしまいました。また生地が厚いのは耐久性からすればむしろ◎でだと思います。総合的には満足です。タープをうまく使えば雨の日でもあまり濡れることなく設営・撤収できるところもポイント高いです。ただし余裕はありませんので!狭苦しく感じる時は何かを外に出すしかありません。どちらも良かったのですが、ロック2は広さは十分ですが少し重く、マイカ1は軽いが狭いとどちらも今一つでした。テントはとても良い製品だと思います!2人でも使える山岳テントを探していて、モンベルとこちらが候補に残りました。ただ!初めてのテントだったので最初は何をどうすればよいかわからず・・・簡単とはいえ説明書がなくて困りました。買って本当に良かったです。ただし、結露はしますので要注意。自転車旅行者のなかではアライテントシリーズが前室がしっかりありベストなテントだと言われていますが、5万円を超える値段の高さがネックでした。デザイン、品質、ポールのリペアパーツ価格、満足できる買い物でした。強いて言うならやや重いですが!この性能でこの値段は魅力です!初テント購入です。自分でショックコード等を追加すると使い易くなるでしょう。バイクツーリングにて10月初旬!奥飛騨の平湯キャンプ場で使用しました。北岳で2泊しました。2人でゆったり過ごせ!比較的高さもあり!広く感じました。ブーツと小型のサイドバック位は置けます。どちらの点も大した問題ではないです。風の強いところでは未使用なのでそのあたりは!今後!試してみたいと思っています。注意点は、出入口側の張綱を張る時の方向です。一方向出入り口の為夏場はベンチレーター全開でも暑いのでタープもしくはレジャーシートで日陰を作る必要ありです。しっかりしていて使い勝手も良さそうです。予行練習で組み立ててみましたが思っていたより簡単にできて安心しました。練習あるのみ。惜しい所があるとすれば!ペグが一本足りないことと自在が使い難いと思いました。1泊目はフライトとインナーが触れてしまっていたので結露してしまいましたが。軽量化のためフロア素材が薄いのでグラウンドシートは必須かと思います。フライシートをきちんと張れば結露はありませんでした。気になるのはテントの色が黄緑色で、野宿の際に目立ってしまう可能性があります。当方身長177cmです。お手頃なので少し心配でしたが!本日届き次第居間で組み立ててみましたが問題はなさそうです。室内も四隅に布のフックがあり!洗濯ヒモを這わせられます。これから活躍してくれることを期待しています。。予約販売ということだったので!届くまでに時間がかかることを覚悟していましたがすぐに届いたのは嬉しかったです。普通に張ると!出入口の両サイドが強く引っ張られることになりファスナーの開閉に苦労しますし!無理に開閉すると縫い目が引っ張られます。前室部分のフライを全開にすることも出来ますが!ペグループがゴムではないので!ペグ抜かないとダメです。次回は縦走で使用したいと思います。生地は厚く丈夫。費用対効果は抜群だと思います。オリジナル商品で!修理に出せるようなのでその点は安心感があります。夏にはヨーロッパに出発し、実際に使用いたしますので、追加のレビューを書けたらと思っています。とてもお買い得感のあるテントだと思います。もっと軽いテントはありますが、私にとってはそれほど差はないと感じたのでこちらの商品にしました。キャンプバイカーにお勧めします。本体が2kg程度で十分に軽量ですが、ペグを置いておけばさらに軽量化できます。ペグを打つ箇所に対して同封されていたペグが1本少ないのは重量を抑える為にそうなっているのでしょうか?出来れば全箇所分ほしかったです。ミニタープと組み合わせると居住性は格段に向上します。入口のファスナーが直線なので広く開けられる。単純には床面は余裕ありますが、床面からの立ち上がりに角度がありますのでエアマットをひいてその上にシュラフなどに入って横になると頭か足はインナーギリギリです。欲言うと前室がもう少し大きければ!炊事場になったかなぁ・・・贅沢過ぎる希望ですけど。試張りしてみましたが、2キロを切る重量で前室もあり、雨に濡れた自転車バックなど室内に入れずらいものもおけるくらいのスペースがありグット。当初はフック式のテントが欲しくてダンロップ製品を視野に入れていたのですが、実際にはこのスレーブ式でも設営は非常に簡単でした。-----素 材: フライシート30Dポリエステルリップストップ PUコーティング 耐水圧1200mm防水インナーテント30Dポリエステルリップストップ 撥水加工グランドシート40Dポリエステルタフタ ウレタン防水加工メッシュポリエステルメッシュペグジュラルミン 11本ポールジュラルミン 8.8φ付属品: 収納袋!ペグ!張り綱サイズ: 高さ100cm×幅205cm×奥行120cm収納サイズ:本体14cm×30cm/ポール5cm×38cm重 量: 総重量:1,977g他社製品との比較重量:1,797g (ペグ・張り綱・リペアポールを除く)テント本体:790gフライシート:480g張り綱:52gポール:479gリペアポール:9g ペ グ:119g収納袋(3種類):48gメーカー: OXTOS自社オリジナル商品カラー: 写真の一色のみ原産国: 韓国重さは価格を考慮したら文句は言えません。価格品質とても満足です。前室は思ったより狭く感じます△調理はしないほうがいいでしょう。実際に使ってみましたが!設営も撤収も簡単で短時間で出来ます。設営・撤収は一人でも5〜10分程度でできます。-----スペックはこちらです。。広すぎず狭すぎずで○です。山岳テントとしては目立たない色はあまり良くないのでしょうが。それと何といっても値段が安い。添付の注意書きにもありますが!セオリー通りにポールの延長上に張るのではなく!ポールの延長より出入口側に張ることです。価格もリーズナブルで良い買い物をしました。前室は靴とクーラーボックスを置ける程度にはありますが積載量と予算に余裕があれば3人用がよいかも・・・・テント泊の登山を計画しているので!テントを探しておりましたが!値段が高いか安くても重い(収納時大きい)かでなかなか納得できるものがなかったところこちらを発見。(まだ本格的な山岳キャンプで使用していないため、ひとまず☆4つ以上ということで)夏〜秋の山行用に購入しました。とにかく収納がコンパクトである!軽いのが◎です。生地の薄さは少々不安に思うかもしれませんがアライテントも同じような薄さです。テントは初めての購入です。色も画像通りのライトグリーンでいい感じ。。天候が安定しているならタープも不要でさらに軽量化できます。重さは普通だと思いますが、テントサイズ、価格、品質からすれば2キロは重くないと思います。海外自転車旅行をしていて!以前はノースフェイスのロック2とマイカ1を使ていました。先日、登山ではなくレジャーで使用しました。出来れば深緑や茶色などのアースカラーにしていただくと、自転車旅行者おススメの一点になるかと思います。北岳山荘のテント場に少し水たまりができる程度の雨と!稜線でよく食らう程度の風には問題無く耐えました。コストパフォーマンスを考慮すれば断然買いです!山テントは初めてです。今までダンロップの旧型ドームテント(二人用)を使っていましたのでそれとの比較になります。一時帰国した今回!テントを買い換えようと思い探していたところこちらのテントを見つけました。天井にもランタンを吊るせる布のフックが。ポールはカチっとはまり、色が青一色になってはまった事を知らせてくれるので、確実に組み立てられそうです。まだ2回しか使ってないので細かいことは分かりませんが、買って良かったと思います!1回目はキャンプ場で試しに、2回目は八ヶ岳で登山で使いました。自在自体安いので新たに購入するか、ロープのみで対応するかです。先日、はじめて山で使用しましたが重量・居住性・防水性などとても満足のいく商品でした。確かに軽いです。前室がしっかりとあって雨や風雪の時も安心して使えます。バイクの場合でも意外に収納性と重量は課題になります。設営はスリーブ吊り下げどちらも大差ない労力ですが!混んだテント場では吊り下げ式は周りに迷惑掛けない(長ーいポールがバシバシ)。実際の使用してみたらまたレビューを更新します。大型バッグ×1、大型サイドバッグ左右、デイバッグ、ヘルメットを中に入れて1人で横になるのにちょうど良いスペースです。アチコチ連れて行ってやりたいです。北アルプスの!稜線上の某テント場で強風に見舞われた時も仲間のテントは破損しましたが!こいつはビクともしませんでした。ポケットが2個有るのも気に入りました。コンパクトで軽量なテントを探していた所、こちらの商品と出会う事が出来ました。二人以下には当然十分な広さ。ポールを通す筒も一方通行で、確実に通せます。明け方の冷え込みが気になりませんでした。しかし、オクトスのこのテントは半額くらいの値段で、購入できるのは非常にコストパフォーマンスとしては優れていると思います。軽い・コンパクト・天井にライト吊り下げる場所が複数ついてる。長辺出入口を選んだ理由は雨天調理場用だったが、前室が調理にはやや狭くフライを火で炙ってしまいそう(物置には十分)。びっくりです。オリジナルと比較してみると驚くほど出来がいい。中から一度のチャック開きで網戸にできる。フライはバックルでワンタッチ装着。オレンジ色なので!虫が寄って来ないか若干心配ではありますが!全体的にとても良く出来ています。人とかぶらないし!色も明るくて大変気に入っています。値段も安く重量や広さも自転車旅行で使用するなら丁度良いサイズ。フライ各辺の間にあるペグループは短いのでロープを足した。氷点下2度、テント内で火を使い、2人で休みましたが全く結露しませんでした。来月の登山で使用予定です。テント底部はかなり丈夫(アンダーグランドシート使用)。イイです。感想:凄くイイ!生地はしっかりしていて!雨にも強そうです。撤収時も押し出すポールが‥。設営時、撤収時に風が強いと少し面倒かもしれませんがたぶんそれはどのテントでも一緒なのかなと思いました。2年半ほど使っています。自在は使い難いと思います。早速本日、試し張りしてみました。この前室部のフライの使い勝手の悪さが、居室への入りにくさに繋がっています。ペグは登山では使えないことが多いし荷物になるので持って行かないので問題無いです。以下初心者の予想と現実です。基本的なロープワーク数種類おぼえました。